« 皮膚病雑記帳 No.219 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.221 »

2018年12月31日 (月)

皮膚病雑記帳No.220

人参湯

 

 虚弱な人に処方する漢方薬の一つに人参湯があります。人参湯は胃腸障害に通常処方されますが、私はアトピー性皮膚炎の患者さんにも時々処方しています。人参湯は私がよくアトピー性皮膚炎に処方する真武湯と似た処方ですが、微妙に違いがあります。

 大塚敬節先生は著書、『症候による漢方治療の実際』の中で、「下痢の患者に人参湯を用いる場合に、真武湯証との鑑別が問題になる。一言にしていえば、人参湯は胃にかかり、真武湯は腸にかかる。そこで人参湯証では胃からくる症状、例えば食欲不振、嘔吐、噯気、などがみられ、また胃痛、胸痛などを伴うことがある。これに反し真武湯では、胃からくる症状は少なく、下痢が主である。患者が生気に乏しく、血色すぐれず、冷え症で脈にも腹にも弾力がない点は、人参湯、真武湯ともに共通である。しかし私の経験では、慢性下痢には、人参湯よりも、真武湯証の方が多いように思う。」と記述しています。

 私の場合は、アトピー性皮膚炎の患者さんのお腹を触って、上腹部が冷えている場合には人参湯、下腹部が冷えている場合には真武湯を処方するようにしています。両方とも効いてくると、冷えが改善してきます。

 胃腸の薬が皮膚にも効くのは漢方の面白いところです。

 

2018.12.31記載

 

« 皮膚病雑記帳 No.219 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.221 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚病雑記帳No.220:

« 皮膚病雑記帳 No.219 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.221 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ