« 皮膚病雑記帳No.217 | トップページ | 皮膚病雑記帳 No.219 »

2018年10月31日 (水)

皮膚病雑記帳No.218

フレイルと漢方薬

 今月27日に松江市で開催された八雲漢方研究会で「フレイルと人参養栄湯」という演題で鹿児島大学漢方薬理学講座特任教授の乾 明夫先生に講演して頂きました。フレイルとはサルコペニア(骨格筋委縮)が根幹をなし、体重減少、疲労感、活動度の減少、身体機能の減弱、筋力の低下などの症状が現れた状態のことです。2~3年ほど前から話題になり、最近世間で認知されるようになってきました。

 人参養栄湯は、補中益気湯、十全大補湯とともに補剤を代表する漢方薬です。これまでは補中益気湯、十全大補湯ほどは処方されていなかったようですが、フレイルを改善する方剤としてよく処方されるようになりました。

 講演の中で印象に残った話は、人参養栄湯は認知症にも効果があり、認知症によく処方される抑肝散との併用も効果的であること、筋力を高める効果が動物実験や臨床調査で認められていて、老化による筋力低下を阻止できること、そして老化を防ぐ造血幹細胞を刺激して老化自体を遅らせる可能性があることなどでした。

  人参養栄湯の保険で認められる効能、効果は病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血などとなっていますが、もっと幅広い病態に使用されるべき漢方薬の一つと思います。

2018.10.31記載

« 皮膚病雑記帳No.217 | トップページ | 皮膚病雑記帳 No.219 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚病雑記帳No.218:

« 皮膚病雑記帳No.217 | トップページ | 皮膚病雑記帳 No.219 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ