« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月30日 (日)

皮膚病雑記帳No.217

近年の尋常性乾癬の西洋医学的治療と漢方治療 

 重症の尋常性乾癬の治療は近年、生物学的製剤を使った抗体療法が花盛りです。開業医には副作用が出た際のコントロールが難しいため、その治療は大学病院や基幹病院の皮膚科で行われています。また開業医でも処方可能な、尋常性乾癬の患者さんで低下しているcyclic AMPを上昇させる内服薬のアプレミラスト(オテズラ)も1月程度で劇的に効く症例があります。これまで使っていた外用剤が不必要になるケースもあります。

 これらの治療に共通しているのはある異常なポイントだけを捉えて、そこを攻撃すれば治るという発想で薬剤が開発され使われていることです。従来からの、原因を見つけそれを除去するという西洋医学的発想によるものです。現在これらの治療が隆盛していますが、長期間の観察期間が過ぎて思いもかけない副作用が現れないか心配です。

 ところで尋常性乾癬にこれまで大柴胡湯、温清飲、桂枝茯苓丸などの漢方薬を処方して有効な患者さんがいました。効果が出現するのはかなりゆっくりで、患者さんにはもどかしいかもしれませんが、西洋医学的治療のような副作用が出る可能性は低く、体に優しい治療です。

 劇的に効く西洋医学的治療とじっくり効く東洋医学的治療を、上手く組み合わせて治療できればと思います。

2018.9.30記載

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ