« 2018年5月 | トップページ

2018年6月30日 (土)

皮膚病雑記帳No,214


皮疹の部位によって特定の漢方処方が有効

皮膚疾患の皮疹の部位によって特定の漢方処方が有効なことがあります。西洋医学ではある薬が特定の皮疹に効果を発揮することはまず無いようです。これまでに漢方治療を行い有効であった症例の中に、顔面、特に眼瞼の皮膚炎に梔子柏皮湯、口囲の尋常性座瘡(にきび)に六君子湯、頚部のアトピー性皮膚炎に辛夷清肺湯がそれぞれ奏効した症例を経験しました。

 顔面、特に眼瞼の皮膚炎に梔子柏皮湯が奏効した症例では、五臓(肝、腎、心、肺、脾)の心の異常に対して梔子柏皮湯が有効でした。眼と眉の間の色の変化によって、その人の病気がどこにあるかを知ることができます。青は肝、白は肺、黄は脾、黒は腎、赤は心となっています。眼瞼の皮膚炎で赤くなっている場合には心の異常が考えられます。

 口囲の尋常性座瘡に六君子湯が奏効した症例では、脾の異常に対して六君子湯が有効でした。それぞれの臓は、主に症状が現れる場所が決まっていて、顔のどこに変化が出たかで病のある臓がわかります。眼は肝、耳は腎、舌は心、鼻は肺、唇は脾と関連しています。脾の異常は唇に変化が現れるので、口囲に尋常性座瘡が発症した場合は脾の異常が考えられます。

 
頚部のアトピー性皮膚炎に辛夷清肺湯が奏効した症例では、鼻や副鼻腔の炎症に奏効する辛夷清肺湯が解剖学的に近い頚部の皮膚炎に有効であったと考えられました。

 皮疹の部位によって処方を変えることは治療の選択肢が増えることになり、よりきめ細やかな治療が可能になります。

        (高山宏世著、弁証図解 漢方の基礎と臨床、近藤享子、第65回日本東洋医学会学術総会シンポジウム6「全人的にみた皮膚科治療」を参考)

2018.6.30記載

« 2018年5月 | トップページ

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ