« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月30日 (水)

皮膚病雑記帳No.213

経絡

 漢方を学んでいくと、避けて通れないキーワードの一つに『経絡(けいらく)』があります。経絡とは人体の気、血、津液(水)が運行する際の通路で、正常な気、血、津液(水)だけでなく、病邪もまた経絡を通って侵入、伝搬して臓腑を侵襲します。

 経絡は現代医学の観点から見ると、神経、血管、リンパ管、および内分泌系などの機能を包括していますが、それだけでは経絡の持つ機能の総てを説明することはできません。経絡学説は西洋医学からすると非科学的ですが、やはり漢方医学独特の重要な基礎理論の一つとして理解すべきです。経絡に関する知識を駆使すると、弁証(証を決めること)に際してより高度な理解や深い考察が可能となります。

 例えば、帯状疱疹神経痛は神経の走行に沿って出現しますが、漢方医学では、背中が痛むか、お腹が痛むかで処方を変えることができます。それは背中とお腹では経絡が異なるからです。背中は太陽系、お腹は太陰系になります。また経絡は五臓(心、肝、肺、脾、腎)と関連していて、心、肺は手経(上肢)と関連し、脾、肝、腎は足経(下肢)と関連します。皮膚病では上肢に皮疹があるか、下肢に皮疹があるかで処方を変えることができます。さらに上肢では肘の表か裏か、下肢では膝の表か裏かで経絡が異なっていて、処方を変えることができ、より細やかな治療が可能になります。

 経絡を学ぶと、東洋医学が西洋医学よりきめ細やかな医療であることを認識させられます。

            (一部、高山宏世著、弁証図解 漢方の基礎と臨床から引用)


2018.5.30記載

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ