« 皮膚病雑記帳No.210 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.212 »

2018年3月30日 (金)

皮膚病雑記帳No.211

●円形脱毛症の漢方治療

 

 円形脱毛症は皮膚疾患の中で2~5%を占めるとされています。長期に渡る治療を要することからほぼ毎日、数名の患者さんを診ています。内服薬、外用薬、そして光線療法などをしていますが、難治な場合もあり、漢方薬を処方するケースがあります。

  松田邦夫先生(松田医院院長、大塚敬節先生の弟子)は著書『症例による漢方診療の実際』で、円形脱毛症に柴胡加竜骨牡蠣湯が有効な例が多いと述べています。師匠の大塚敬節先生は柴胡の量を倍にして用いるとよいとしています。虚証には柴胡桂枝湯が良く、また松葉による刺激療法(鍼灸治療に含まれる)が有効な場合があり、西洋医学の皮内注射療法に匹敵するもかもしれないと紹介しています。

 花輪壽彦先生(北里研究所所長、大塚敬節先生の孫弟子)はテキスト『漢方診療のレッスン』で、円形脱毛症は心身症的側面をもつ全身状態の一兆候と考えると述べています。円形脱毛症だけで処方が決まることはなく、症状、兆候、全身状態を勘案して処方を選択されています。方剤としては、大柴胡湯、柴胡加竜骨牡蠣湯、半夏瀉心湯、半夏厚朴湯、桂枝加黄耆湯、桂枝加竜骨牡蠣湯などを使われています。どれも気の異常を改善する処方のようです。

 二宮文乃先生(熱海で開業、皮膚科漢方の重鎮)は『皮膚疾患漢方治療マニュアル』の中で繁用処方として、柴胡加竜骨牡蠣湯(実証に用いる)、加味逍遥散(虚証用、神経の安定)、抑肝散(怒りっぽい、不眠、興奮しやすい)、桂枝加竜骨牡蠣湯(虚証、冷えやすい、柴胡の証がない)、小柴胡湯(他の処方に柴胡剤を加えるとき)柴胡桂枝湯(精神の安定をはかる)、また、駆瘀血剤を合方するものとして、桂枝茯苓丸(実証)、当帰芍薬散(虚証)、補腎作用剤として六味丸、八味丸をあげています。

 近頃、私は冬場の乾燥期になると悪化する多発性円形脱毛症の患者さんに、冬になる前に小建中湯と真武湯を服用してもらい、脱毛を軽減することができた症例を経験しました。円形脱毛症は気の異常が主な発症要因だと思いますが、虚弱体質や体の冷えも関係しているのかもしれません。

 

2018.3.30記載

« 皮膚病雑記帳No.210 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.212 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3682/73203522

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚病雑記帳No.211:

« 皮膚病雑記帳No.210 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.212 »

最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ