« 皮膚病雑記帳No.208 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.210 »

2018年1月30日 (火)

皮膚病雑記帳No.209

●附子(ブシ)が含まれている漢方薬

 今年の冬は結構寒い日が続いています。生薬の附子は体を温め、痛みを和らげる効果があります。冷えた時期には附子の入った漢方薬を処方することが多くなります。附子が含まれている漢方薬をあげてみました。

 1.麻黄附子細辛湯。構成生薬は文字通り、麻黄、附子、細辛です。主に高齢者の風邪に処方されますが、鼻炎や気管支炎、さらに帯状疱疹後神経痛などにも使われます。
 2.真武湯。構成生薬は茯苓、白朮、芍薬、附子、生姜です。さまざまな疾患に用いられますが、附子や生姜で体を温め、茯苓、白朮、芍薬で水分代謝を良くする効果があります。
 3.八味地黄丸。構成生薬は地黄、山茱萸(サンシュユ)、山薬、茯苓、沢瀉(タクシャ)、牡丹皮、桂皮、附子。五臓の中の腎が弱った時に処方されます。附子は腎の気を増す働きがあります。
 4.牛者腎気丸。構成生薬は地黄、牛膝(ゴシツ)、山茱萸、山薬、車前子(シャゼンシ)茯苓、沢瀉、牡丹皮、桂皮、附子。八味地黄丸に牛膝と車前子を加えたものです。八味地黄丸の証で浮腫傾向や夜間頻尿などが強い場合に用います

 5.桂枝加朮附湯。構成生薬は桂枝、芍薬、蒼朮、大棗(タイソウ)、甘草、生姜、附子。寒気と湿気におかされた場合に用いる処方。関節痛、筋肉痛、神経痛、手足の冷えを伴う疼痛に適応。生姜と附子が温める効果があります。

 6.大防風湯。構成生薬は黄耆(オウギ)、地黄、芍薬、白朮、当帰、防風、川芎(センキュウ)、牛膝、大棗、人参、羗活(キョウカツ)、杜仲(トチュウ)、乾姜(カンキョウ)、附子。下肢の慢性関節リュウマチ、慢性関節炎などの整形外科の疾患に用いられているようです。私は処方した経験はありませんが、多種類の生薬が入っており、効果はシャープではないように思えます。慢性に経過して栄養状態が低下し、身体が衰えた人の下肢が麻痺し、運動障害をおこしたものに用います。

 私は真武湯を体の中が冷えてしまっているアトピー性皮膚炎の患者さんに時々処方しています。附子は弱った腎に気(エネルギー)を与える重要な役目の生薬です。
          (
一部、高山宏世著、漢方常用処方解説より引用)

2018.1.30記載

« 皮膚病雑記帳No.208 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.210 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3682/72806761

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚病雑記帳No.209:

« 皮膚病雑記帳No.208 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.210 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ