« 皮膚病雑記帳No.206 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.208 »

2017年11月29日 (水)

皮膚病雑記帳No.207

●3週連続の学会

 

 11月は学会シーズンなのか、たまたまなのか、5日(日)、12日(日)、19日(日)と3週連続で漢方に関する学会がありました。5日は広島県福山市で日本東洋医学会広島県部会、12日は愛媛県松山市で日本東洋医学会中四国支部総会、19日は鳥取県米子市で日本東洋医学会鳥取県部会、さらに18日の夜は地元松江市で八雲漢方研究会と、忙しい3週間でした。福山、松山までは公共交通機関を利用すると時間がかかるので車で移動し、福山は片道3時間、松山は4時間くらいかかり、結構疲れました。

 福山での広島県部会は皮膚科の漢方をテーマにした講演会だったので、ぜひ聴いてみたいと思い参加しました。3人の先生が皮膚科の漢方について話され、3人3様で面白く聴きました。その一人の広島県部会会長の井口敬一先生は内科をされていますが、漢方薬をよく処方している先生は内科でも皮膚病を診ることが多く、小児の痒疹の治療例を報告されました。子供の心の異常が心(しん、五臓の一つ)の経絡を通って四肢に皮疹が出て、心の異常を改善する甘麦大棗湯(かんばくだいそうとう)が有効であった症例を報告されたのがとても印象的でした。小児の痒疹はよく経験するので、心が絡んだケースでは甘麦大棗湯を処方してみようと思いました。

松山での中四国支部総会では、ランチョンセミナーで、京都の高雄病院の田川直洋先生が経方医学的腹診による胸隔心下へのアプローチ ~心窩部頭側圧迫法を中心に~ というテーマで講演されました。心窩部頭側圧迫での陽性所見にて尋常性乾癬やアトピーで皮膚炎が改善している報告は驚異的でもありました。私は一般演題で、真武湯について ~自験例とテキスト、文献より~ という演題名で、発表しました。フロアーからの質問では真武湯は腎陽虚の病態で脾胃の異常ではないのでは?というものでした。高山宏世先生のテキストでは腎陽虚なっていますが、胃腸が弱った状態が多く、私は脾の異常と思っていますと返答しました。

 19日の米子での鳥取県部会では日頃漢方で切磋琢磨している倉吉の福嶋裕造先生の会長講演、「整形外科領域における漢方治療」を聴きました。鎮痛剤は漢方薬ではあまり効かない印象をもっていますが、上手く処方すればよく効くようでした。私はランチョンセミナーで「皮膚疾患、もうちょっとマニアックな漢方治療」というテーマで講演しました。
皮膚疾患で日常よく診ているアトピー性皮膚炎、尋常性痤瘡の漢方治療を中心に、基本的な漢方処方ではうまく治らない症例に、処方することが少ない、もうちょっとマニアックな処方で奏効したいつかの症例を紹介しました。処方としては真部湯、通導散、人参養栄湯、六君子湯、辛夷清肺湯などを用いました。

18日(土)の夜は松江で八雲漢方研究会があり、5日の福山で特別講演をされた近畿大学皮膚科の柳原茂人先生に「八雲立つ 皮膚科漢方の使い方」という演題で講演していただきました。解りやすく、詳しく、そして面白い講演でした。漢方の方剤の中の生薬をグループ分けして、方剤間の関連性を上手く説明されていたのが印象的でした。

3週連続の学会、有意義なものでしたが、確かに疲れました。

2017.11.29記載

 

« 皮膚病雑記帳No.206 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.208 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3682/72336259

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚病雑記帳No.207:

« 皮膚病雑記帳No.206 | トップページ | 皮膚病雑記帳No.208 »

最近のトラックバック

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ