« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月29日 (金)

皮膚病雑記帳No.205

半夏厚朴湯

 大塚敬節先生の金匱要略(きんきようりゃく)講話を拾い読みしていたら、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)の解説に出会いました。本文では、『婦人、咽中(いんちゅう)、炙臠(しゃれん)有るが如きは、半夏厚朴湯を主(つかさど)る。』となっています。大塚先生の解説では「臠」というのは肉の切れのことで、「炙臠」というのは、炙った肉の切れとなっています。女の人で、咽のなかに炙った肉の切れがついているように感じる者は半夏厚朴湯の主治であるとなっています。

 半夏厚朴湯の効能・効果は気分ふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴う次の諸症:不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症などとなっています。この咽喉、食道部に異物感があることが、咽中炙臠のことです。

 ここで大塚先生は興味深いことを言われています。「咽中炙臠いう状態はかならず咽でなくてもいいのです。もうずっと前の話ですが、心臓のところにハンカチかなんかを丸めたようなものがくっついていて、いつも気になって、心臓のところをさすっている人がいたのです。それに半夏厚朴湯を使いましたら、スーッととれたのです。また腹に物があるようで、はっきりしないという人も半夏厚朴湯でスーッと治ってしまったのです。」

 半夏厚朴湯は咽中だけでなく他の部位の炙臠にも効果があるということになります。身体のどこかに、ものがはりついた、ものがあるなどの症状があれば、半夏厚朴湯をぜひ処方してみようと思います。これまで咽喉、食道部の異物感にこだわっていましたが、金匱要略講話を読んで処方の応用範囲が拡大しました。


2017.9. 29 記載

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ