« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月31日 (月)

皮膚病雑記帳No.203

●漢方エキス製剤の効かせ方

 7月9日の日本東洋医学会島根県部会特別講演で谷川醫院の谷川聖明先生に『漢方エキス製剤の効かせ方』という演題で講演していただきました。

 エキス製剤は煎じ薬に比べて、簡単に手軽に飲める、一定の品質のものを飲める、煎じるときのにおいの心配がないなどの長所があります。効かせ方を4つに分けて説明されました。

 1.証に随う(随証治療)。例えば同じ膝関節痛の患者さんが2人いた場合、膝に水がたまり、触れると熱感があり、炎症が強い人には麻黄の入った越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を、膝には水がたまっておらず、触れても熱感がなく、足が非常に冷たい人には附子の入った桂枝加朮附湯を処方します。同じ病名でも体質により処方が異なります。

 2.服用の仕方。インフルエンザの時には麻黄湯がよく処方されますが、効果が出るまで時間を空けず増量することが必要なことがあります。

 3.二剤の併用。慢性の経過で2つの病態が併存する場合、足りない作用を増強する場合、副作用を軽減する場合などは二剤を併用する必要があります。

 4.製薬メーカーの使い分け。同じ方剤でも製薬メーカーによって微妙に生薬の分量が異なり、効き方が違ってくるので、知った上で方剤を処方する必要があります。

 煎じ薬の方が良く効くと思われていますが、始めに挙げたエキス剤の長所を生かしながら、上手くエキス剤を使うのが現代医療における漢方治療の一つのあり方のように説明されました。東洋医学会の会員が対象だったので、ある程度漢方に詳しい人が多い中、大変役に立つ講演会だったと思います。

2017.7.31記載

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ