« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

皮膚病雑記帳No.202

ちょっとマニアックな漢方治療

 長年漢方治療をしていると、教科書的な処方では物足りなくなり、ちょっとマニアックな処方をするようになってきました。マニアックとしてしまうと、漢方に詳しい医師や患者さんに、「その処方、どこがマニアックなのですか?」と言われそうなので、ちょっとをつけさせてもらいます。

 アトピー性皮膚炎では私は真武湯という処方をここ数年よく処方するようになりました。一見実証タイプなのに、体の中が冷えているいわゆるかくれ虚証の人によく効きます。腹診をしてみると腹壁が冷えていることが多いようです。また舌診では舌に歯型が付く歯圧痕を認めることが多く、水分代謝がよくないようです。もう一つ、アトピー性皮膚炎で瘀血(おけつ、血液の巡りが滞ること)が強い患者さんに通導散を処方することがあります。これは最強の駆瘀血剤で証が合わないと下痢したりします。証が合えばとてもシャープに効きます。代表的な駆瘀血剤には桂枝茯苓丸や当帰芍薬散がありますが、通導散に比べれば、気楽に処方できる分、効果はマイルドです。

にきび(尋常性痤瘡)に対しては六君子湯という処方をよく使います。口は胃腸と繋がっていので口の周りのにきびの患者さんは胃腸の悪い人が多く、六君子湯は胃腸の働きを良く薬なので、胃腸をすればにきびが良くなるというわけです。

他にもまだちょっとマニアックな処方がありますが、このあたりで。マニアックと思われなかったら漢方に詳しい方です。
 

 
2017.6.30記載

 

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ